セシリア アイリーン。 セシリア・アイリーン (せしりああいりーん)とは【ピクシブ百科事典】

機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画

アイリーン セシリア アイリーン セシリア

⚡ その後、自艦を沈められた為憤激し、単身でガンダムに挑む。 ザビ家を憎むあまり、シャアとセイラに対し、事ある毎にジオンはザビ家に暗殺されたと教え込んだ。

16
漫画『』では、一年戦争の開戦前、サイド3のコロニーの1つである「キンツェム」において、ザクIに搭乗し反ザビ家派のテロリストと戦った過去が明かされるが、その時に戦友の整備士であるゴードンを失っている。 のの他、高機動、、ネ、ーガーといったの発展機に相当するが登場する。

セシリア・アイリーン

アイリーン セシリア アイリーン セシリア

🤘 エリースが拾ったメモリーディスクの落とし主。 エリース・アン・フィネガン ジオン総帥府勤務のエリート。 エリース・アン・フィネガンは事件の三年後共和国に帰還し、その後フィーゼラー家の秘書官長として同家を切り盛りしている。

12
いち早く総帥暗殺未遂事件(UC0078)の真相に辿り着くが、ギレン派に拉致されサイド6に隠遁させられる。

セシリア・アイリーン

アイリーン セシリア アイリーン セシリア

🚀 新兵器モビルスーツで優勢に動くジオンに対し、連邦軍はモビルスーツで対抗するべく反攻作戦「V作戦」を発動。

13
ゲーム『ギレンの野望』では、能力値はジオン軍の中でも最低クラスである。 その後、連邦軍所属になった。

機動戦士ガンダム ギレンの野望とは (キドウセンシガンダムギレンノヤボウとは) [単語記事]

アイリーン セシリア アイリーン セシリア

😭 サイド6を出港するホワイトベースへ攻撃を仕掛けるが、厚い弾幕の前に機体を直撃されて戦死。

5
本作の続編「ジョニー・ライデンの帰還」では「ジオン公国軍は身体能力のみを強化させたのプロトタイプを開発していた」という設定が盛り込まれており、グラナダの司令官である少将もニュータイプ研究機関「フラナガン機関」を創設している事から、恐らくマリオ・アンティネスクは「強化人間の開発研究」に関与していたと推察されている。 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のサイドストーリーとして『』が『』2016年8月号(2016年6月25日発売)から2019年7月号(2019年5月25日発売)まで連載されていた。

20周年を記念して『機動戦士ガンダム ギレンの野望』の魅力を振り返る! 立てよ国民【周年連載】

アイリーン セシリア アイリーン セシリア

⚒ エドモンド部長と同様にレギンレイヴの1人であり、砲撃され死亡した。

4
9月に行われた連邦軍の攻略作戦「アンタレス作戦」の迎撃艦隊司令としてソロモンから出撃しており、この時も連邦軍に倍する迎撃艦隊を率いている。 オールレンジ攻撃を展開するも本調子には程遠く、ボルトアウトしたガンダムのビームライフルに搭乗していたブラウ・ブロの左半分を撃ち抜かれ、戦死。

ギレン暗殺計画 (ぎれんあんさつけいかく)とは【ピクシブ百科事典】

アイリーン セシリア アイリーン セシリア

👆 戦後、母方の血筋がザビ家に近すぎて利用されかねないという事情と、ランスの遺言を受けたレオポルドの助力により、ガイウス・バネッサと共にサイド3を脱出。 脱走時にザクを持ち出しており、作中ではそれを用いて島に近づく者は連邦・ジオンを問わず強制武装解除させていた。 アニメ版とは異なり生き残って、後にラルが白兵戦を挑んだ時にホワイトベースを攻撃するも、ガンダムによって撃破される。

18
ダイクンの死後、政権を簒奪したによってが成立すると、その迫害を避けるためダイクンの遺児であるキャスバル(シャア)、アルテイシア(セイラ)とともに地球に逃れ、その保護者となった。

セシリア・アイリーン (せしりああいりーん)とは【ピクシブ百科事典】

アイリーン セシリア アイリーン セシリア

👀 『めぐりあい宇宙』では、金髪を結い上げた赤い軍服 の美女としてによってデザインされており、以降の外伝作品ではこれに準じている。 モスグリーンの制服に身を包み、髪色はブラウン。

13
ワルキューレのネットワーク上で打倒ザビ家一党を実現させるべく様々な情報や作戦で少なくとも7人のザビ派重鎮を暗殺させる。

20周年を記念して『機動戦士ガンダム ギレンの野望』の魅力を振り返る! 立てよ国民【周年連載】

アイリーン セシリア アイリーン セシリア

🤔 ガンダムのハイパーバズーカの直撃でザクマシンガンを失う。

8
コミックス巻末でも解説されている。

機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画

アイリーン セシリア アイリーン セシリア

✊ オリジナルキャラ ゼロ・ムラサメ 研究所で生み出された。

3
首都防衛大隊が決起した後も武装蜂起を妨げないよう総帥府に留まり、総帥府の作戦本部で首都防衛大隊による主要施設の制圧が順調に進んでいるのを見届けながら自らが二重スパイである事実を告白した直後、激昂した本国親衛隊司令官(少将)に射殺された。 それを察知したミライの機転によるエンジンの全力噴射を受け、その噴射熱でザクもろとも爆死した。