アーロン アラメダ。 ルイス・ネリの次戦はアーロン・アラメダと7月18日に決定か?

みんな大好きルイス・ネリがアラメダに勝利して二階級制覇。でもパワフルさと回転力が目減りしたかな。次戦はローマン? フィゲロア?【結果・感想】 │ Frentopia

アラメダ アーロン アラメダ アーロン

♻ 同記者は「ある情報筋が『ジ・アスレチック』に話したことによると、ルイス・ネリとアーロン・アラメダの122ポンド(スーパーバンタム級)の試合が7月18日にリスケジュールされた」と説明している。

8
ここまでのレコードは30勝24KO無敗。 というか、近い将来実現する可能性が出てきました。

ルイス・ネリ次戦9月27日階級上げ、無敗アラメダと対戦!強い?

アラメダ アーロン アラメダ アーロン

❤ WBA世界同級王者ブランドン・フィゲロア(23=米国)は10回TKOでV3に成功した。

19
ルイスネリ選手は米Forbesの記事で「 拓真とウーバーリの勝者に勝って、尚弥と統一戦」に言及し、すでの井上尚弥選手との対戦を見据えています。 また、ネリ選手はこれまで再三にわたり井上尚弥選手に対戦のラブコールを送り続けています。

ルイス・ネリ2階級制覇、アラメダとの全勝対決制す

アラメダ アーロン アラメダ アーロン

👐 大相撲 [12月1日 17:38]• 右フックで捕まえてコンビネーションに繋げられると逃げられないかな。 初回から前に出て手数で上回り、アラメダを下がらせたが、堅いガードを崩せずに決定打も奪えず。

ボクシング [11月28日 18:29]• ルイス・ネリがvsサウスポーを得意とする要因の一つに、右リードの差し合いで上回れるというのがある(と思う)。 どちらにしろ、このルイス・ネリvsアーロン・アラメダ戦は問題なく正式決定してほしい組み合わせである。

アラメダ(ボクシング)の戦績強さは?ネリに勝てるのか?予想は圧倒的

アラメダ アーロン アラメダ アーロン

♨ それもともっと上の階級でやるべきなのか。 バンタム級でもそんなに大きくなかったしそこまでウェイトが苦しいとは思えないほどだった。 今回は25日(同26日)の前日計量で3戦ぶりに一発クリア。

16
しかし慎重なスタイルのアラメダに決定打を打ち込むことができず、10回以降は失速してカウンターを浴びる場面もあった。 同級14位ダミアン・バスケス(23=同)にストップ勝ちした。

ネリvsアラメダの結果速報!【更新中】海外の反応は?

アラメダ アーロン アラメダ アーロン

😍 ウェイトオーバーすれすれのラインを狙って何とか計量をクリアし、翌日にはびっくりするくらい大きな身体でリングに上がる。 かなりラフな感じのファイティングスタイルで、決して正統派でスマートな試合運びをする選手ではありません。

WBC世界スーパーバンタム級タイトル獲得で2階級制覇達成。

ネリvsアラメダの結果速報!【更新中】海外の反応は?

アラメダ アーロン アラメダ アーロン

📱 もしくはその両方なのかは不明だが、とにかく王座認定団体や主催者にとってはルイス・ネリの方が序列が高いらしい。

2
大相撲 [11月26日 17:40]• フィゲロアも同じく26日のリングに上がっており、挑戦者ダミアン・バスケス(米国)を10回TKOで下し3度目の防衛に成功している。 サウスポーを苦にしないネリは序盤から積極的に攻撃を仕掛けるも、アラメダの堅いガードに阻まれる。

みんな大好きルイス・ネリがアラメダに勝利して二階級制覇。でもパワフルさと回転力が目減りしたかな。次戦はローマン? フィゲロア?【結果・感想】 │ Frentopia

アラメダ アーロン アラメダ アーロン

✌ WBC世界スーパーバンタム級のベルトを手中に収めたネリの次戦候補には2人のボクサーの名が挙がっている。 大相撲 [12月1日 17:38]• この選手の怖いところは多少被弾したとしても全く気にせずどんどん前に出てきてコンビネーションを放つところ。 正面衝突で当たり負けしなければ、割とリアルに可能性がある気がするのだが……。

16
大相撲 [11月27日 18:09]• プロレス [12月1日 0:00]• 山中慎介は角度的に左ストレートが当たりやすく、ネリは角度的に相手の左をよけやすい。

ルイス・ネリvsアーロン・アラメダ結構接戦になると思うねんな。てか、またサウスポーw 右リードの差し合いと接近戦でのボディ合戦?【予想・展望】 │ Frentopia

アラメダ アーロン アラメダ アーロン

😭 ブランドン・フィゲロアとの統一戦も結構だが、そこに至るまでの道はクソほど険しい。

12
階級アップ後も得意のvsサウスポーでこれまで通りのごり押しが通用するか。 中間距離ではガードの上を叩かせ、ネリのフックに常にカウンターの右を被せる。