松下 幸之助。 松下幸之助 まつしたこうのすけとは

松下幸之助 │ 名言集および格言集

幸之助 松下 幸之助 松下

🤟 使用頻度が高いものは引き出しの手前に片づける• 「週五日制は必然」の真意 その宣言から2年後の1962(昭和37)年、雑誌『放送朝日』(朝日放送刊)の企画で朝日放送副社長の平井常次郎氏と対談した際に、幸之助は準備中の「週五日制」導入の狙いを打ち明けている。

13
けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。

松下幸之助の名言|松下幸之助経営塾|PHP研究所

幸之助 松下 幸之助 松下

🙏 またタイムカプセルのミニチュアをカラーテレビの景品として頒布し、販売強化に繋げた。 郷里の和歌山市に、友人達から贈られた「松下幸之助君生誕の地」の石碑(同郷であるの)と、幸之助がポケットマネーで寄付したや、(紅葉渓庭園)内の「紅松庵」がある。

5 人がこの世に生きていく限り、やはり何かの理想を持ちたい。

松下幸之助

幸之助 松下 幸之助 松下

🤣 創業地のに思い入れがあり、を大阪市大開から動かさなかった。 、テレビ事業視察のため長期外遊し、翌にと技術導入提携(後にとして分社化、4月松下電器に統合)。

11
そのとき、次のように答えている。 松下幸之助の名言 人生には損得を超越した一面、自分がこれと決めたものには命を賭けてでも、それに邁進するという一面があってもよいのではないだろうか。

華麗なる一族「松下家」、2代目社長正治氏が残した資産は?

幸之助 松下 幸之助 松下

🤛 1万部• 時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。 だから、まだまだお互いに進歩しなければならないのである。

15
最初の開封年となった2000年に実際に発掘開封され、内容物はで展示された。 そのためには「自分でわかるまで考えよ」「現場に出よ」と勧めたという。

経営の神様・松下幸之助 その「奥の手」は謝罪だった(日経ビジネス)

幸之助 松下 幸之助 松下

😊 そうした本業を通じての社会への貢献が、企業の基本の使命であり、この点に欠けるものがあれば、他の面でいかに優れていても、その企業は真に社会的責任を果たしていることにはならない。 真剣勝負において、首をはねたり、はねられたりするうちに勝つというようなことはありえないのと同じように、商売も活動するだけそれだけの成功は得られなくてはならない。

9
62 志低ければ、怠惰に流れる。 日本を代表するグローバル企業パナソニック、創業者松下幸之助氏のDNAが現在も受け継がれている 1894年(明治27年)、和歌山県に生まれた幸之助氏。

松下幸之助の名言|松下幸之助経営塾|PHP研究所

幸之助 松下 幸之助 松下

🤛 0万部。

10
34 半分は先輩から教えてもらう、半分は部下から教えてもらう。